無料配布あり。店舗用のコロナ対策ステッカー【QUACK WORKS】

ウォールステッカー

新型コロナウィルス対策のためにあれこれ準備するのって、ホントに大変ですよね・・・

  • コロナ対策を徹底していることを積極的にPRして、お客様に安心してお店を利用してもらいたい。
  • 自治体からもらえるステッカーだけでなく、店でも独自にマスク着用や消毒・手洗いをお願いする何かを表示したい。

こんな風に考えていても、自分で感染防止ポスターやステッカーなどを制作している時間的余裕なんてないし、購入するにしても金銭的な負担はなるべく減らしたいというのが正直なところかと。

そんな声が多く届いたのでしょうか。ぴったりのキャンペーンが開始されていましたのでご紹介。

カッティングシート製作を行っている『QUACK WORKS』が、なんとコロナ対策ステッカーを無料配布してくれています。

デザインは3種類

今回、無料配布されるのは、新型コロナウイルス感染防止に必須な次の3種。

  • マスクの着用をおねがいします
  • ソーシャルディスタンス
  • 消毒・手洗い

マスクの着用をおねがいします ソーシャルディスタンス 消毒・手洗い

わかりやすいアイコンとシンプルな文言。ひと目ですぐに意味が伝わる良デザインです。

philo
philo

絵だけの表示だとわかりづらいですし、文字だけだとちょっとキツい印象になってしまいますからね。

こんな良デザインが無料で使えるのは非常にありがたい限りです。

貼り付けも簡単

カッティングシートと聞くと、DIYに慣れている人でないと上手く使えないのでは・・・なんて印象を持っている人も多いでしょう。

ご安心を。手順に合わせて作業すれば、初心者でも簡単に貼り付け可能です。

  1. カッティングシートに転写シートを貼り付け
  2. 貼る位置を決めてマステで仮止め
  3. 剥離紙を剥がして貼り付け
  4. 上からしっかり圧着
  5. 転写シートをゆっくり剥がす

こんな感じでOK。

philo
philo

個人的にはスマホの液晶保護フィルムを貼るほうがよっぽど難しかったり・・・。

きれいに剥がせて、屋外でも使える

無料配布といっても、品質は一級品。

カッティングシートに使われている「621短期用シート」は、糊跡をまったく残さず綺麗に再剥離できる(施工後2年間)仕様。さらに屋外耐候性3年という優れモノです。

店舗デザインにカッティングシートを活用しようと考えている人は、サンプル代わりに取り寄せて素材感を確かめてみるのもいいかもしれませんね。

コロナ対策ステッカーの活用例

アクリルプレートに貼り付けてお店の目立つ場所に。

店舗の壁にさりげなく。

消毒液は置くだけでなく、トレイと表示で気遣いを。

カッティングシートを無料でもらう方法

無料でもらえるのは、好きな組み合わせで3枚まで。3種類のデザインを1枚ずつ指定するのはもちろん、同じデザインを3枚頼むこともできます。

請求方法は案内ページの中程に専用フォームのリンクボタンがあるので、そこをクリックして必要事項を入力するだけでOK。入力項目も最小限で、非常に簡単です。

専用フォーム

店舗だけでなく、オフィスや自宅用に取り寄せてもいいかもしれませんね。

オリジナルデザインもオーダーできる

もともとカッティングシートのオーダーサービスを行っている会社なので、オリジナルのコロナ感染防止ステッカーを製作してもらうことも可能。※有料

Adobe Illustratorのテンプレートファイル(.ai)もダウンロードできるので、見た目にこだわりたい方はチャレンジしてみては?

数量限定

カッティングシートの無料配布は数量限定とのこと。期間などは設定されていないようですが、必要な方はお早めのお申し込みを。

新型コロナウィルス対策のカッティングシートを無料配布します | カッティングシート製作 QUACK WORKS

注意喚起はさりげなく、わかりやすく。

店員さんに直接注意されるよりも、表示を見て自分で気づくほうが、お客さん側としても不快に感じにくいのかも。

かといって、手書きの案内はどうしても「やっつけ感」が出てしまい、せっかくの店舗インテリアが台無しです。

忙しかったり大変だったりする中でも、こういったちょっとしたこだわりを大切にしながら、元気に乗り越えていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました