【良コスパ】ルーフェン(loofen)AI生ゴミ処理機の評判・口コミは?|フィルターコストについても解説

【良コスパ】ルーフェン(loofen)AI生ゴミ処理機の評判・口コミは?|フィルターコストについても解説 デザイン家電
©loofen.jp

ルーフェン(loofen)の生ゴミ処理機が気になっている。

AI内蔵ってどういうこと? フィルター交換の手間やコストは?

そんな疑問をお持ちのあなたのために、ルーフェン生ゴミ処理機の評判・口コミを徹底分析。具体的なメリット/デメリットをまとめてみました。

生ゴミ処理機全般の特徴だけでなく、ルーフェンならではの優れた点・微妙な点についても詳しく解説しているので、この記事を読めば、ルーフェンの生ゴミ処理機があなたにピッタリ合っているかどうか?明らかになるはず。

お得にルーフェンを購入するコツも紹介しているので、ぜひ最後までご覧あれ。

スポンサーリンク

※記事内にアフィリエイトリンクを使用している場合がございます。

ルーフェン(loofen)生ゴミ処理機のメリット【良い評判・口コミ】

ルーフェン(loofen)生ゴミ処理機のメリット【良い評判・口コミ】

乾燥ムラがない

生ゴミ処理が中途半端だと、イヤなニオイが残るって聞いたけど・・・。

一般的な乾燥式生ゴミ処理機は、温風を上から吹きかける仕組みのため、どうしても乾燥ムラが発生してしまいがちです。

その点、ルーフェンは「空気循環システム」を採用しているため、ムラが発生しにくいのがポイントです。

除菌・消臭効果が高い

それでも生ごみ処理機独特の匂いってあるんでしょ・・・?

上記の乾燥システムに加え、ルーフェンは独自の消臭フィルター(カードリッジ)を搭載しているのも大きな特徴です。

活性炭フィルターと99.9%除菌のW効果で、イヤなニオイや雑菌を強力にカットしてくれるというわけですね。

操作が簡単(AI内蔵)

こういった機械は苦手なので、ちゃんと使いこなせるか不安・・・。

利用方法は付属のバスケットに生ゴミを入れてスイッチを押すだけ。庫内のゴミの量に合わせてAIが自動でパワー調整してくれる仕組みになっています。

バスケットは取り外して丸洗いできるためお手入れも簡単です(食洗機もOK)。

ゴミ追加OK

処理中に新しい生ゴミが出たときはどうすればいいの?

多くの生ゴミ処理機は、一度電源を入れると処理が終わるまで新しいゴミを追加投入できないため、細かなスケジュール管理が必須だったりします。

その点、ルーフェンは動作中でもいつでも扉を開けてゴミの追加や破棄が可能。これは大きなメリットですね。

省エネ

毎日使うものだから、電気代が気になる・・・。

AIによるパワー調整機能は、そのまま省エネ効果にもつながっています。

平均消費電力はノートパソコン以下(90W・1 日約20円)と非常に低コストで運用できます。

静音

リビングの近くに置くと、動作音が気になりそう・・・。

ルーフェンの動作音は30dBとのこと。

これは深夜の郊外と同程度。図書館よりも静かというレベルなので、安心して屋内に設置できそうです。

肥料に使える

バイオ式みたいに肥料として使えないの?

乾燥後の生ゴミはそのまま肥料として利用可能です。

天然有機肥料として家庭菜園やガーデニングなどに再利用できます。

コンパクト(省スペース)

キッチンが狭くて、新しい家電を置くスペースがないんだけど・・・。

ルーフェンのサイズは27×27.5×35cm(重さ6kg)と非常にコンパクトなのも特徴です。

これならキッチンの上にも置けますし、一人暮らしの人でも手軽に導入できそうですね。

見た目がオシャレ

せっかくインテリアに凝ったキッチンなので、なるべく余計なモノを置きたくない・・・。

生ゴミ処理機はいかにも「機械!」といった感じの見た目のものが多いですが、ルーフェンはシンプルモダンなデザインになっています(世界的なデザイン賞も受賞)。

カラバリも4色(ホワイト・パープル・ピンク・ミント)揃っているので、キッチンに合わせてコーディネートできそうですね。

1年保証あり

もしも買ってすぐに故障してしまったら・・・と考えると、導入を躊躇してしまう。

ルーフェンは初めて生ごみ処理機を使用する人も安心な1年間の無償保証が付いています。

正常な利用出る限りは、故障はすべて交換対応してくれるとのことなので、余計な心配をせずに利用できますね。

助成金に対応している

6万円は、ちょっとハードルが高いかも・・・。

家庭用生ゴミ処理機は、地方自治体によって助成金制度が用意されているケースがあります。

ルーフェンもしっかり助成金の対象なので、対応する地域にお住まいの方は申請を忘れずに。

ルーフェン(loofen)生ゴミ処理機のデメリット【悪い評判・口コミ】

ルーフェン(loofen)生ゴミ処理機のデメリット【悪い評判・口コミ】

送料がかかる

今時、送料無料が当たり前なんじゃないの?

ルーフェンを購入する際は、本体価格と別に送料(1,320円)がかかる点に注意しましょう。

精密機械でコスト負担もやむをえないのかもしれませんが、そこそこ高い買い物なので、送料無料にしてもらえるとありがたいのですが・・・贅沢かなぁ。

フィルター交換の手間・コストがかかる

最初に本体を買えば、あとはお金がかからないんでしょ?

フィルター(消臭カードリッジ)は消耗品なので、定期的に交換が必要です。

交換頻度は3〜6ヶ月くらい。価格は1個2,000円ちょっとかかるので、これも込みでコスト計算をしましょう。

フィルターの入手性が悪い

交換フィルターはどこで買えるの?

以前はAmazonやヨドバシカメラなどでも購入できたのですが、現在はほぼ公式ストアのみとなっています。

今のところ、まだ楽天で買えるショップが残っているようですが、いつ買えなくなるかわからないので、ポイントが欲しい人はまとめて買っておくといいかもしれませんね。

ルーフェン(loofen)生ゴミ処理機が向いている人は?

ルーフェン(loofen)生ゴミ処理機が向いている人は?
  • 高性能(消臭・省エネ・静音)でコスパが高い乾燥式生ゴミ処理機を探している人
  • 生ゴミが出たらすぐに(都度)処理したい人
  • キッチンまわりの設置スペースにあまり余裕がない人

「生ゴミ処理機ってどれくらい便利なんだろう?」という初心者が最初に導入するには、ルーフェンはちょうどいいバランスの製品と言えますね。

【最安値】お得にルーフェンを購入する方法

【最安値】お得にルーフェンを購入する方法

ルーフェンの本体は、Amazonや他の家電量販店などでも購入できますが、以下の理由から公式ストアでの購入が最もおすすめです。

  • クーポンを使わなくてもAmazon最安値と価格が同じ
  • さらに、5,460円分のオプションセットが付いてくる
  • 分割払いもできる

Amazonアカウントがそのまま利用できるので、いちいち住所などを登録する手間もかかりません。

philo
philo

修理サポートなどの際も、公式で購入していると手続きもスムーズにいきそうですね。

10,000円OFFのクーポン(分割払いもOK)は期間限定なので、お見逃しなく。

また、お住まいの地域の自治体に助成金制度があれば、実質50〜75%OFFで購入できる場合もありますので、以下の方法で申請手続きを忘れずに。

  1. 「◯◯市 生ゴミ処理機 助成金」で検索
  2. 自治体のホームページで補助金の額や手続き手順を確認
  3. 購入後、なるべく早く申請手続きを行う

公式サイトでは、さらに詳しい情報やMakuake(クラウドファンディング)に挑戦したときのユーザーの声なども掲載されているので、興味がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました