LITHON / makuake

デザイン家電

フォースウェーブコーヒーは「自宅」にある?小型で手軽すぎる家庭用焙煎機【ホームロースター】

投稿日:

コーヒー好きの夢ですよねぇ・・・。

スポンサーリンク

こんにちは。@interiorhacksの中の人 philo です。毎日マグカップ二杯のコーヒーを飲むのがここ最近の習慣になってます。

お店みたいな本格的コーヒーを自宅でも楽しみたい!

そんな風に考える人なら、一度は「自家焙煎」にチャレンジした(orチャレンジしたいと思った)ことがあるのでは?

実は、ガスコンロとフライパンさえあれば、家庭でもコーヒー豆の焙煎ができるのですが、

  • 火加減の調節が難しい
  • 長時間フライパンを振るため、腕が疲れる
  • 焙煎後にチャフ(シルバースキン/焼けカス)がコンロのまわりに飛び散って、後片付けが大変

などなど。やってみると様々な問題が発生し、挫折してしまう人も多いようです。

自分で煎るのは難しいし、掃除も面倒くさい・・・。

©LITHON / makuake

そんな我々の救世主となってくれそうなマシンが誕生しました。自宅焙煎機ホームロースターがそれです。

誰でも簡単に自宅でコーヒー焙煎ができる家庭用焙煎機が登場!

非常にコンパクトで、見た目もクールなこちらのホームロースター。

お好みの煎り加減に合わせて、ボタンをぽちっと押すだけ。

©LITHON / makuake

操作方法は生豆を入れてボタンを押すだけと、驚くほど簡単な仕組みになっています。

温度・風量をコンピューターで管理

内蔵されたマイコンが時間ごとに最適な焙煎温度風量を調整、自動管理してくれるとのこと。

煎りすぎて焦げ付いてしまったり、逆に焙煎が足りないなどの失敗も起こらず、お好みの煎り加減でムラなく均一な品質のコーヒー豆を焙煎可能です。

冷却も自動で簡単

コーヒー豆を焙煎し終えると、自動的に送風モードに変わり、豆を冷却してくれるのもポイント。

ガスコンロなどで焙煎すると、うちわや扇風機などを使って自分で冷却する必要がありますが、このホームロースターなら焙煎から冷却まで自動で行ってくれるというわけです。

お手入れも楽々

蓋の部分にフィルターを搭載しており、焙煎中にチャフを熱風で吹き飛ばすことで効率良く集められるようになっています。

焙煎後のお手入れも非常に簡単。

©LITHON / makuake

焙煎後はフィルターに溜まったチャフをそのまま捨てるだけ。お手入れも非常に簡単です。

煎り具合を選べる

焙煎モードはDARK(深煎り)BROWN(中深煎り)の2種類から選べるようになっています。

豆の種類によって最適な焙煎具合は違うと言いますし、好みもあると思いますので、こうやって選択可能なのはありがたいですね。

makuakeで支援者募集中!

わずか4日で目標達成

公開から4日後という驚くべきスピードで目標金額の300万円を達成。期間を一ヶ月以上残した現在、目標の6倍以上となる2,000万円近い金額を集めています。

コーヒーファンの層の厚さを実感できますねぇ。

お得な価格で購入できる

makuake記念価格として、通常20,000円のところ、いまなら20%offの16,000円で手に入れることが可能。

生豆「コロンビア・スプレモ」1kgが付いたセット(17,000円)や、ミル付きコーヒーメーカーが付いたセット(20,000円)などもあるようです。

自家焙煎に興味がありつつも、なんとなく躊躇してしまっていた方は、この機会にチャレンジしてみてはいかが?

  • この記事を書いた人

philo

元・インテリアコーディネーター。ユニークな家具・雑貨の情報やお部屋改造のアイデアを集めて発信しています。

-デザイン家電
-,

Copyright© インテリアハック , 2019 All Rights Reserved.