Flyte

時計

ボール=針が宙に浮く時計【STORY】

更新日:

LED表示は、あえて無しでもいいかも。

スポンサーリンク

Storyは、磁力で空中浮遊する金属ボールが針の代わりに木製円盤の上をゆっくりと回る時計。床に置いても、壁に掛けても、スタンドに立てても金属球が落ちないのは、なんとも不思議な光景ですね。

デザインしたのは、ニューヨークに拠点を置くFlyte。以前紹介した宙に浮く電球をデザインした会社です。

ちょっとレトロで未来感。宙に浮かぶ電球【Flyte】

イマドキらしく専用のスマホアプリもあり。ボールの軌道(間隔)を自由に設定可能なため、カウントダウンタイマーとして使ったりもできます。

STORY by Flyte

STORY by Flyte
開発元:Flyte LLC
無料
posted withアプリーチ

 

これまでもいくつかミニマルデザインの時計を紹介してきましたが、これからも最新テクノロジーを上手に取り入れながら様々なプロダクトが出てくるのでしょうね。

時間を気にしたくない。そんな人のための時計【MYK】

見えそうで見えない? ぼんやりした時計【Hazy Clock】

乾電池がそのまま「針」になるミニマルな時計【Front & Back】

「いま、この時」に集中できる時計【FreakishCLOCK】

  • この記事を書いた人

philo

元・インテリアコーディネーター。ユニークな家具・雑貨の情報やお部屋改造のアイデアを集めて発信しています。

-時計
-

Copyright© インテリアハック , 2019 All Rights Reserved.