デスクの向きはどれがベスト? 集中力を高めるデスクレイアウト

ポイントはパーソナルスペース 。

デスクの向きはどれがベスト? 集中力を高めるデスクレイアウト

Desklayout

ポイントはパーソナルスペース 。

デスクを部屋のどこに置くかは、意外と悩みどころ。他の家具との兼ね合いもあり、なかなかしっくりくる場所が見つからないという方も多いのでは?

今回は、そういった方のために集中力を高めるデスクレイアウトを考えてみました。

パーソナルスペースを意識しよう!

他人に近づかれると不快に感じる空間を「パーソナルスペース 」と言います。

本人の性格や相手との関係によって空間の広さは多少変化しますが、建築学者・西出和彦氏の定義によると、半径50cm以内は「排他域」と呼ばれ、絶対的に他人を入れたくないと感じてしまうのだそうです。

つまり、他に意識を向けずに安心して作業へ集中するためには、排他域が完全に守られている必要があるのです。

僕が「ミニ書斎」をおすすめする理由の一つですね。

一般的なデスクレイアウトは・・・

よくあるレイアウトといえば、デスク天板の奥を壁にピタリと貼り付けるやり方。こうすると視界に余計な情報が入らないので、集中力を高める効果があります。

しかし、目の前に壁があることで圧迫感を感じてしまうデメリットというのも存在します。また、椅子に座ったとき背後に空間があることで無意識に不安感を生み、落ち着かなくなってしまいます。

実は、このレイアウトが向いているのは、短時間で集中したい時だけなのです。

壁に背を向けるようなレイアウト

逆に、デスクと壁の間に空間を作り、そこに人が入るというレイアウトはどうでしょうか?

背後にあるのは壁だけ。目の届かないところに余計な空白(スペース)が存在しないので安心感が生まれます。これは実際にやってみるとよく分かるでしょう。

しかしこの場合、部屋の様子が目に入ってしまうため、散らかった部屋の場合、集中力を阻害してしまうというデメリットがあります。

このレイアウトにする場合は、部屋をしっかりと片付けて、なるべく視界に余計な情報が入らないようにするのがポイントです。

デスクをドアや窓に向ける

ドアや窓といった開口部を視界に入れるようにするのも、安心感を生む効果があります。

休憩時は窓のほうを向いて遠くを見るようにすれば、目の疲労を和らげることもできるので一石二鳥です。

真正面ではなく、少しずらすように配置するのがコツです。

作業によってデスクの向きを変えよう!

前回の照明テクニックと同様、デスクレイアウトも作業内容によって柔軟に変えていくのが賢いやり方です。

デスクをキャスター付きのものにしてノートパソコンを使えば、コードを気にせずに手軽にデスクを移動させることができます。

いかがでしたか?

仕事や勉強がなかなか捗らない・・・という方、まずはお試し感覚でデスクの模様替えをしてみましょう!

 


デスクライトは何色がいい? 集中力を高める間接照明テクニック

前回紹介し忘れていたネタです。

デスクライトは何色がいい? 集中力を高める間接照明テクニック

Focuslighting

前回紹介し忘れていたネタです。

これまで、集中力を高める「ミニ書斎」についてあれこれと書いてきましたが、大切なポイントをまだ語っていませんでした。そう、照明です。

間接照明は作業空間にピッタリ

部屋の隅をパーティションで区切ってしまうと、全体照明(シーリングライト)だけでは光(明かり)が足りなくなってしまいます。そこで、おすすめなのが間接照明です。

暗めの全体照明+間接照明という組み合わせは、作業をする空間に最適と言われてします。全体照明で照度を調整しつつ、必要な場所だけに最適な光をあてることで、目の前のことに集中できるというわけです。

短時間で集中したいときは「昼光色」

照明を選ぶときは「色温度」に注目してみましょう。

オフィスなどで一般的な青白い照明(昼光色・クール色)は、脳の活性化を促し集中力をアップさせる効果があることが研究で明らかになっています。

ただし、色温度の高いこういった照明は、緊張しやすく目も疲れやすいというデメリットがあります。短時間で集中して作業したいときなどに使うのがオススメですね。

クリエイティブな作業は「電球色」

逆に、色温度が低いオレンジ色の照明(電球色)は、リラックス効果があります。これはアイデアを出したり、クリエイティブな作業をするのに向いています。

答えが明確でない問いをじっくり考えたいときも、脳がリラックスし、意識を自由に働かせることができる電球色がおすすめです。

ハイテク電球を使いこなそう!

最近では色温度をコントロールできる電球なんてものもあります。

こういったアイテムを用いて、目的に合わせて照明をチェンジすると、より生産性を高めることができそうです。

また、色温度だけでなく照明の「色」そのものを変化させて、空間全体をカラーコーディネートしてしまうという方法もあります。

以前のエントリーでは、部屋を仕切るカーテンを集中力が増す青色にするというテクニックをご紹介しましたが、あえて白やベージュ色のカーテンを選び、照明で色づけするというのも一つの手です。

上記の『Hue」はスマホで色をコントロールする仕組みになっていますが、同じシリーズの中には照明だけで色を変えられるタイプのものもあります。

これなら作業スペースにスマホを持ち込まなくて済みそうですね。

いかがでしたか?

作業がなかなか捗らないという方は、照明をガラリと変えて気分転換してみましょう!

 

Tags:

どうしても集中したい人のための「三種の神器」とは?

「ミニ書斎」の続きです。

どうしても集中したい人のための「三種の神器」とは?

Focusgoods3

「ミニ書斎」の続きです。

カーネギーメロン大学HCI研究所の調査によると、人は一旦集中力を途切れさせてしまうと、取り戻すのになんと25分もかかるのだそうです。

よって、作業に集中したい時は外部刺激をシャットアウトするだけでなく、ほかのことに意識が逸れないようにする必要があります。

そこで今回は、ミニ書斎の効果をさらに高めるための集中グッズを3つご紹介します。

専用パソコン

ほとんどの人は、自分のパソコンを持っていて一台。中には、家族と共用のものしかない方もいらっしゃるかと思います。

しかし、普段使っているパソコンでいざ作業を始めようとしても、ついついネットサーフィンをしてしまったり、ほかのアプリを立ち上げてしまったりしがちではないでしょうか?

そこでおすすめなのが、作業専用のパソコンを買うというアイデアです。

インストールするアプリは、作業に使うものだけ。ブラウザのブックマークも趣味のものは一切避け、必要最小限に留めます。※いっそのことブラウザを削除してしまうのも手です。

こうすれば作業中に目移りすることはなくなります。

「そんなお金ないよ・・・」という方は、いま使っているパソコンに作業用の別アカウントを作るという方法もおすすめです。

耳栓(イヤホン)

カーテンなどで空間を仕切っても、どうしても外から様々な音が入ってきてしまうもの。そこでおすすめなのが耳栓です。

使い捨ての耳栓をいちいち何度も買うのは面倒だという方は、デジタル耳栓やアクティブノイズキャンセリング機能がついたイヤホンがおすすめです。

耳栓の代わりにBGMを聴きながら作業をしたいという方は、メモリー内蔵(音楽再生機能付き)のヘッドホンでしたら、スマホを作業スペースに持ち込まなくて済みます。

バイブレーションタイマー

皆さんも日頃、無意識のうちに時計に視線を向けてしまう習慣はありませんか?

時計を確認する行為も、集中力(注意力)を阻害する大きな要因です。作業中は時間を忘れる必要があるのです。

そこでおすすめなのが、作業時間を設定したタイマーです。

耳栓やイヤホンを装着しているとアラーム音が聞こえない可能性がありますので、バイブレーション機能が付いているものがより効果的です。

僕は、25分の作業時間と5分の休憩を繰り返す「ポモドーロ」という方法を使っていますので、作業用と休憩用の二つのタイマーを用意しています。

両ポケットにそれぞれのタイマーを入れておけば、上記のイヤホンと組み合わせることで、いつでもどこでも集中スペースに早変わりというわけです。

いかがでしたか?

最近、僕が興味を持っているのはヘッドマウント・ディスプレイです。あれに作業画面を映し出せば、より集中できるのではないか・・・と考えています。

今度、試しに使ってみようかな・・・?

 


ストレス解消に「買い物」は有効? GWはコレを買おう!

何事もやり過ぎはほどほどに。

ストレス解消に「買い物」は有効? GWはコレを買おう!

Gwshopping

何事もやり過ぎはほどほどに。

前回のエントリーでは、五月病を解消するためにゴールデンウィークをお部屋の片付けからはじめるというアイデアを紹介しました。

さて、すっきりと綺麗になった部屋を前にし、ストレスも多少は和らいだ皆さん。せっかくの休日を家に篭ったままではもったいないと、前向きな気持ちが少し湧いてきたのではないでしょうか。

そこでオススメなのが、初めてのお店へショッピングに行くというアイデアです。

雑貨を買いに行こう!

買い物でストレスを解消するという行為はリテールセラピーとも呼ばれ、科学的にも効果があるそうです。

オンラインショッピングでも同様の効果が得られるそうですが、せっかくですから普段行かないおしゃれなインテリアショップへ実際に足を運んでみることをおすすめします。

行ったことがない場所へ出向くことは気分転換になりますし、歩いて遠出をすることでウォーキングを兼ねることもできます。

衝動買いにご注意を

新しいお店は、店内のすべてがキラキラと輝いて見え、あれもこれもと物欲センサーが大忙しになることでしょう。

ただし、衝動買いはほどほどに。買い物によってドーパミンが過剰に放出されると依存症につながり、かえってストレスを溜めやすい体質になってしまいます。

あらかじめ買う目的のものを決めておいて、それ以外はまたのお楽しみに。ウインドウショッピングを楽しみましょう。

おすすめはアロマやバスグッズ、観葉植物といったストレス解消グッズを買うこと。休み明けで仕事や学業に戻っても、毎日少しずつストレスを和らげてくれるものを、この機会にぜひお部屋へ取り入れてみましょう。

前日の夜は早めにベッドに入ろう!

休日前夜というものは、ついつい夜更かしをしたくなってしまうもの。それは痛いほどわかります。

その結果、翌日はお昼過ぎに目が覚めてしまい、そのままだらだらと一日を過ごしてしまった方も多いはず。「せっかくの休日を無駄にしてしまった・・・」という後悔がストレスになっては本末転倒です。

充実した休日は、健康な身体あってのもの。肉体的にも精神的にも疲れ切った身体は、睡眠を必要としています。

前回のエントリーでご紹介した片付け方法でしたら、午前中に終えてしまうことも可能です。ゴールデンウィーク初日は午前中にお部屋を片付け、午後は楽しいお買い物、なんてどうでしょう?

 

いかがでしたか?

ストレスが溜まりにくい部屋づくりについては、他にもいくつかアイデアがありますので、また別の機会にご紹介したいと思います。

 


GWは部屋を片付けよう。五月病を治す「魔法の箱」とは?

ゴールデンウィークまであと一週間。

GWは部屋を片付けよう。五月病を治す「魔法の箱」とは?

Gwokatazuke

ゴールデンウィークまであと一週間。

※本日は「ミニ書斎」の続きを書く予定でしたが、急遽思いついたこちらを先にご紹介。

あわただしい新生活にもようやく少しずつ慣れ、晴れて迎えるゴールデンウィーク。しかし、密かに蓄積されていた疲労が一気に噴出してしまい、せっかくの休日なのに何もやる気が起きない・・・。外出するのも、人に会うのも億劫・・・。そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

五月病の主な原因はストレス。ガラリと変わった環境へ必死に適応しようと努力していた方、新年・新年度に立てた目標が思うように達成できず落ち込んでいる方、様々なケースがあるかと思います。

真面目な方や責任感のある方ほど、こういったストレスを溜め込んでしまいがちなんだとか。

そういった方にオススメな、ゴールデンウィーク中にできるインテリアハックをご紹介します。

部屋を片付けよう!

せっかくの休日に面倒な掃除なんてしたくない・・・。そんな方も多いかと思います。しかし、片付けはそれ自体にストレス軽減効果があるだけでなく、ゴールデンウィーク明けでお仕事や学業に戻った後の生活も、ストレスを溜めにくくする効果があります。

UCLAの研究センターがロサンゼルスの中流家庭32世帯を観察したところによると、部屋が片付いていなかったり物が散らかっていたりする状態は、ストレスを増大させることが明らかになったそうです。

前回のエントリーでご紹介したプリンストン大学の実験でも触れましたが、物に溢れた部屋は生活に様々な悪影響を与えてしまうのです。

人間は視覚から入ってくる情報が多ければ多いほど、注意散漫になりストレスを溜めやすくなるもの。仕事で疲れて部屋に帰ってきたあなたを出迎えるのがゴチャゴチャと散らかった部屋では、ストレス解消なんて夢のまた夢というわけです。

真面目な方、責任感の強い方は、散らかったままの部屋を気にせず放っておけるほどズボラではないはず。ならばこの機会に、溜まったストレスと一緒にお部屋を綺麗に片付けてしまいましょう。

「魔法の箱」を使おう!

片付けといっても、年末の大掃除のように大それたことをする必要はありません。

家の中をまとめてぜんぶ片付けようとしても、プレッシャーを感じてしまいます。まずは一日で最も長く過ごす部屋、帰宅してまず最初に目にする部屋など、片付ける部屋を一つに絞ってみましょう。

片付け方も非常に簡単。大きな箱を一つ用意して、目に付いたものをどんどんと放り込む、これだけです。※余った段ボール箱などでもOKです。

箱を複数用意して、「洋服」「本」などで分けるのもいいかもしれませんね。

「捨てる」は意外とタイヘン

思い切って物を減らしたり、捨てたりすると、すっきりストレス解消できそうな気がします。しかし、実は「捨てる」という行為は、皆さんが思っている以上にストレスを感じる行為なのです。

人はリスクや損失を最大限回避しようとする生き物(「プロスペクト理論」と呼ばれています)。せっかく買った物を捨てる行為は、それがたとえほとんど使わないようなものであっても「損失」と認識し、多大なストレスを感じてしまうのです。

明らかに不要なゴミならまだしも、少しでも捨てることに迷いが生じてしまう物を捨てるのは、また別の機会にしましょう。

モノから離れてみよう

物でいっぱいになった箱を押し入れやクローゼットに入れてしまえば、すっきりとした部屋の出来上がり。片付いた部屋は掃除をするのも楽チンです。

この箱を使った片付け法には、もう一つメリットがあります。

不要なものを目につくところから遠ざけることで、後々捨てやすくする効果があります。物理的距離を離すことで、精神的にも距離を置くというわけです。

 

いかがでしたか?

ゴールデンウィークの予定がまだ決まっていないというアナタ。まずはお部屋のメンテナンスから連休を始めてみてはいかがでしょう。

スマホでお気に入りの音楽をかけて、楽しみながらお片づけをしましょう!

 


集中力がアップする「ミニ書斎」の作り方

たったの1畳あればできます。

集中力がアップする「ミニ書斎」の作り方

Minishosai

たったの1畳あればできます。

前回のエントリーでは、三日坊主を防ぐために習慣化したい行動に特化した「集中部屋」を作るというインテリアハックをご紹介しました。

しかし、空いている部屋がそうそう都合よくある方も少ないのが現状。かといって唯一自由に使える部屋をたった一つの目的のための空間に変えてしまうというのも、極端に過ぎるというものです。

そこでオススメなのが、部屋の中にもう一つの部屋「ミニ書斎」を作るというアイデアです。

誘惑を完全にシャットアウト!

プリンストン大学の神経科学機関の研究によると、周囲に物が多い環境で人は集中できないことが明らかになっています。

集中力だけでなく、脳の情報処理リソースも周囲の物に取られてしまうため、作業パフォーマンスも大きく低下してしまいます。

※クリエイティブな作業には散らかった部屋が向いているという研究結果もあるようですが、そのお話はまた別の機会に。

また、集中力を高めるには注意力の維持が重要となります。

視覚や聴覚への余計な外部刺激は注意力を簡単に奪ってしまい、集中力の低下につながります。

パーティション(間仕切り)で部屋を区切ろう!

こういった外部刺激=目的以外の邪魔な要素すべてを排除するために、まずは「パーティション(間仕切り)」を設けて、ミニ書斎と他の空間とをゾーニングしてあげる必要があります。

パーティションといっても、ものものしい壁をリフォームで作る必要はありません。簡単なカーテン等で仕切るだけでも充分に心理的効果があります。

カーテンレールを天井に取り付けてもいいですが、より手軽なのは突っ張りポール型のカーテンレールです。※多少上部にすき間が出来てしまいますが・・・。

カーテンの色は、集中力を高める青や紫などがオススメです。

スタンディングデスクを使おう!

僕はいまこのブログを自作のスタンディングデスクで書いています。

スタンディングデスクが本当に健康的かどうかは諸説あるようですが、僕は短時間で集中して作業するという目的で使っています。椅子に座るとついついダラダラと作業を続けてしまいがちですからね。

それなりに快適な椅子は、やはりそれ相応のお値段がするもの。スタンディングデスクならお手軽かつ省スペースで、まさに一石二鳥というわけです。

スマホは絶対に持ち込まない!

今回のエントリーの肝と言っていいのがこちら。

現代人の集中力を最も阻害する難敵、それはスマホです。ネットもゲームも、動画も音楽も。手のひらサイズでどこにでも持ち歩け、気軽にパッと使える万能デバイスは、同時に本当にやりたいこと・やるべきことから皆さんを遠ざける障害でもあるのです。

ミニ書斎にスマホは絶対に持ち込まない。これは鉄則です。

どうしても誘惑に抗えないという方も中にはいらっしゃるでしょう。そういった方にオススメなアイテムが「タイムロックコンテナ」です。

タイマー鍵付きのボックスに入れたスマホはリビングに置き、意気揚々とミニ書斎へ臨む。これで気持ちもスッキリと切り替えることができます。

予定していた作業が終わってしえば、後は自由。思う存分スマホをいじり倒しましょう。

いかがでしたか?

次回は、ミニ書斎の効果をさらに高めるアイテムをいくつか紹介したいと思います。

 


三日坊主を防ぐインテリアハックとは?

ブログ更新を再開いたしました。

三日坊主を防ぐインテリアハックとは?

3daysmonksyndrome

ブログ更新を再開いたしました。

これまで主なコンテンツだった面白アイテム紹介は、こちらの別サイトに任せ、こちらではブログ名である「インテリアハック」にちなんだお部屋づくりのノウハウをぼちぼちとご紹介していきたいと思います。

今回のテーマは、三日坊主です。

かくいう僕も、インテリアノウハウを紹介するブログを始めようと思いたったのはもう一年以上前のこと。はてなブログのほうも文字通りの三日(四日?)坊主となってしまいました。

なぜ僕たちは、新しい行動をなかなか続けることができないのでしょうか?

人は「習慣」で行動している

マサチューセッツ工科大学で行われた実験によると、人は一日の9割を「習慣」に基づいて行動しているそうです。しっかりと自分の意思で行動する時間は、わずか1割にも満たないのだとか。

新しい行動には、少なからず意思を必要とするもの。これでは続くはずがありません。なんとかして行動を「習慣」に変える必要があります。

習慣化には平均66日かかる

三日坊主とは言いますが、三日間だけ乗り切ればいいというわけでもありません。

ロンドン大学のフィリッパ・ラリー博士らが21〜45歳の学生96人を対象に行った実験によると、新しい行動を習慣化するには平均66日(18〜254日)かかることが明らかになったそうです。

習慣化したい行動の難易度によって日数に差があるようですが、平均して二ヶ月と少し。この期間を乗り切らなければ、新しい習慣は身につかないというわけです。

あなたの周りに「誘惑」はない?

勉強しようと思ったのに、ついついテレビを見てしまったり、スマホをいじってしまう。寝る前に筋トレをしようと思っても、面倒になってそのままベッドに飛び込んでしまう・・・。

そんな人も多いのではないのでしょうか?

まだ習慣化できていない行動は少なからず意思を必要とするもの。スマホやテレビを見たり、ベッドに寝転がったりしてしまうのは、慣れない行動よりもそちらのほうがラクだからです。

勉強机のそばにテレビがあれば、ノートの横にスマホがあれば、筋トレグッズの横にベッドがあれば。易きに流れてしまうのは当然のことなのです。

つまり、新しい行動を習慣化するには、そういった誘惑を物理的に排除する必要があるわけです。

「集中部屋」を作ろう!

そこでおすすめなのが、習慣化のための「集中部屋」を作るという方法です。

方法はシンプル。狭くてもいいので部屋を一つ空っぽにして、そこを新しく習慣化したい行動をするためだけの部屋にするのです。

部屋に置くものはその行動に必要なものだけ。スマホすら持ち込みNGです。

僕も物置になっていた小部屋を徹底的に片付けて、デスクとパソコンだけのスペースを作りました。このブログも、まさにいまその場所で書いています。

※実際に効果があったかどうかは、このブログで判定していただければと・・・。

空きスペースがない人は・・・

専用の空間、ということで作業用のレンタルスペースを契約したり、トレーニングジムへ入会するといった方法もありますが、僕はあまりおすすめしません。

外出するというのは、そのための準備などもあり、なかなかにハードルが高いものです。かといって、仕事や学校が終わり疲れ切った状態で帰りがけに足を向けるというのも億劫に感じてしまいます。

慣れない行動をするためには、なるべく行動までの物理的・心理的ハードルを下げる必要があります。そのためには、家の中に専用スペースを作ることが不可欠なのです。

それでも、ワンルームのお部屋に住んでいる方など、どうしても部屋を丸ごと一つ空っぽにするのは難しい、という方もいらっしゃるでしょう。

次回は、そういった方におすすめなインテリアハックをご紹介したいと思います。

 


サバイバル気分になれるレードル【Jungle Spoon】

自然派なアナタに。

サバイバル気分になれるレードル【Jungle Spoon】

Junglespoon

自然派なアナタに。

Jungle Spoon』は、葉っぱを模したレードル(お玉)。ジャングルで見るような大きな植物のカタチそのままに、使い勝手の良い穴あきスプーンに変身しました。

木の器と合わせたらもっと雰囲気でそう。野性味あふれるコーディネートを楽しんでみては?

 


お片付けせざるを得ない脱衣カゴ【Dirty Dunk】

これがホントのランドリーバスケット、みたいな。

お片付けせざるを得ない脱衣カゴ【Dirty Dunk】

Dirtydunk

これがホントのランドリーバスケット、みたいな。

Dirty Dunk』は、バスケットボールのゴールを模した脱衣カゴ。子供部屋のドアに取り付けるだけで自然と脱いだ衣類をカゴに入れたくなってしまうというわけです。

どうしても脱ぎ散らかしてしまうオトナにもぜひ。遊びたいからって無駄に脱いじゃダメですよ。

 


収納効率なんて気にしません。【Rubika】

じっと見てると顔が傾いてくる。

収納効率なんて気にしません。【Rubika】

Rubika

じっと見てると顔が傾いてくる。

Rubika』は、ルービックキューブをモチーフにした収納。3☓3の菱形・平行四辺形のボックスが並んだ姿は、ちょっと変わったディスプレイが楽しめそうです。

色の組み合わせも様々。アーティスティックな部屋づくりをしたい方にいかが?